会社概要

概要

設立 昭和42年6月10日
資本金 35,000,000円
代表者 代表取締役 井川 和康
従業員

59名(2017年4月1日現在)

事業内容 段ボールシート及びケースの製造加工ならびに販売。
主要製品 段ボールシート、段ボールケース、KPE段ボールケース。
事業所 本社 愛媛県四国中央市三島宮川1丁目2番27号
工場 広島県東広島市八本松飯田2丁目3番13号 Googleで周辺地図を見る(別ウィンドウ表示)
Tel: (082)428-0225
Fax:(082)428-0229
敷地面積 20,100平方メートル
売上高

平成28年12月期 213,000万円

主要設備

  • コルゲートマシン(1,800mm)
  • フレキソフォルダーグルアー(3色機・2,400mm)
  • フレキソフォルダーグルアー(3色機・3,000mm)
  • フレキソプリンタースロッター(2色機・2,700mm)
  • 平盤打抜機(1,100mm×1,600mm)
  • ワンタッチグルアー
  • オートスリッター
  • ステッチャー
  • 仕切機
  • CAD・CAMシステム(CAM 1,200mm×2,000mm 、1,400mm×2,100mm)
  • 段ボール用インクジェットプリンター

沿革

昭和42年 広島県造成の磯松工業団地の一画を買収。
昭和43年 事務所及び製段工場を完成、コルゲートマシンを新設。
段ボールシートの製造販売を開始する。
昭和46年 製函工場完成、製函設備を新設。
段ボールケースの製造販売を開始する。
昭和54年 新事務所及び製品倉庫完成。
平成 5年 40Fフィンガレスシングルフェーサー新設。
平成 7年 アップダウンスタッカー新設。
平成 9年 スリッタースコアラー設置、生産管理装置入替。
平成11年 CAD・CAMシステム設置。
平成12年 ボイラー2,500L×3基新設。
平成13年 業務用コンピュータシステム更新。
平成14年

廃液処理装置新設。
セミオートグルア設置。

平成16年 パレタイジングロボット導入。
平成17年 平盤打抜機新設。
平成18年 丸松フレキソダイカッター新設。
平成19年 製函工場増床(1,700平方メートル)。
梅谷3色印刷機新設。シート搬送装置新設。
平成20年 パレタイジングロボット追加導入。
平成21年 包装設計室新設。CAD・CAMシステム追加設置。生産管理システム入替。
平成22年 製糊装置更新。
コルゲートマシンのスプライサー更新。
「東広島発!ものづくり逸品」にKPE段ボールが認定される。
平成23年

「平成22年度東広島市生産革新中小企業者表彰」にて表彰される。
コルゲートマシンのスリッタースコアラー更新。
業務用コンピューターシステム更新。

平成24年 古紙ベーラー室の紙粉集塵装置更新。
平成25年

シート自動搬送装置増設。
古紙ベーラー更新。
事務所・工場内のLED化第1期工事完了。
CADシステムバージョンアップ。

平成26年

重油ボイラーからLPGガスボイラーに更新。
梅谷エクオスグルアー導入。

平成27年

60Hシングルフェーサーに更新。



Copyright (c) Hiroshima danbouru Co., Ltd  All Rights Reserved.